ブログ

金沢文庫芸術祭オープニングフェスティバルに出演します!

いよいよ!!!!!!✨✨✨

2017.09.17!!!
金沢文庫芸術祭、オープニングフェスティバルがはじまりますよ〜〜〜〜〜〜っ!!

今年は、絵本「やどかりの夢」がファイナルステージを飾らせていただきます!
南城市シュガーホールでの公演以来、やどかり一座の全員集合による大型影絵で写しだされる美しい紅型の世界と、歌におどりに盛りだくさん♪

しかも!!!!
やどかりの夢、お話しの誕生の地、沖縄県南城市も一緒に来てくれて、たくさんのすてきな作品が届きますよ☆★☆
南城市のゆるキャラ、なんじぃも来てくれて、わくわくがたくさん〜〜〜〜〜〜っ!!!

全国各地から、やどかりファミリーが金沢文庫芸術祭に集まってくれるって!!!!
毎日がアタフタワクワク!!!

きっと きっと すてきな出会いが!
新しい夢のはじまりがあります!
皆さん、ぜひ、遊びに来てください✨✨✨✨

奈良は吉野で、毎日神奈川や沖縄のみんなと繋がり、作り上げていくドキドキな毎日!!!
金沢文庫芸術祭まで あと 24日!!!

————————————————

「やどかりの夢」 スペシャルステージ 18:30~

当日は南城市からすてきな作品やおいしいあれこれ、紅型ワークショップも楽しめる
沖縄南城市の魅力がつまったブースも出現♪
やどかり一座のすてきな作品が並ぶブースもありますよ。
会場で見つけて遊びにきてね♪

—————-

金沢文庫芸術祭
オープニングフェスティバル
開催日時:2017/9/17(日) 9:30~20:00
※小雨決行 荒天時は中止
場所:横浜市金沢区 海の公園
入場料:無料

金沢文庫芸術祭 オフィシャルサイト

2017-08-25 | Posted in News|やらだ出版, ブログComments Closed 

 

琉球音楽と紅型影絵「やどかりの夢」@柏市民文化会館小ホール

今年の夏休みのスタートは柏市民文化会館で過ごしませんか?
沖縄伝統染色の紅型(びんがた)染め絵本「やどかりの夢」が影絵になります!

kashiwa201607omote

kashiwa201607ura

美しい三線と唄、ウクレレ!
うずうず踊りだしたくなるやどかり音頭!と、
まさに夏祭りの時間となります。

◆7月28日(木)2回公演

◆昼公演 開場13:15 開演14:00

◆夜公演  開場17:45 開演18:30

柏市民文化会館
〒277-0004 柏市柏下107番地
TEL 04-7164-9141

◆全席指定 (当日券500円増し)
◆前売り      大人1500円
       高校生以下1000円
3才以下無料で鑑賞できますが、膝上での鑑賞となります。
お席での鑑賞にはチケットをお買い求めください。

◆出演者

語り  わたなべなおか

絵   かめがいあすか

影絵  小谷野哲郎
    奥平麻衣子
    中西ゆき
    河口由紀子

音楽  アマムYUKI
    halcony

【チケット販売所】
柏市民文化会館
アミュゼ柏
流山市生涯学習センター
ブックエース我孫子店(あびこショッピングプラザ3F)

————————————————

◆7月27日★こども影絵ワークショップ

やどかり一座と一緒に影絵をつくって、ステージで投影してみよう!

◆開催日時  7月27日(水)13:30~16:00
◆参加対象  小学生以上~中学3年生
◆講師    小谷野哲郎、やどかり一座
◆参加費   500円
◆申し込み  7/2 10:00から受付開始(定員20名)
       柏市民文化会館(04-7164-9141)まで

2016-07-15 | Posted in News|やらだ出版, ブログComments Closed 

 

出版記念公演関東公演の残席について

【4/20追記 おかげさまで、すべての出版記念公演が全席満員になりました】

本当にありがたいことに、「やどかりの夢」出版記念関東公演の残席が、
24日(日)アムリタ食堂 アマタ18時の回
残席10席あまりになりました。

23日 14時開演 アサバアートスクエア
24日 13時開演 アムリタ食堂 アマタ
は満員御礼となりました。
本当にありがとうございます。

こちらは当日券の販売もありませんので、
ご予約いただいた皆様には
キャンセルのありませんようご協力をよろしくお願いいたします。

皆様にお会いできますことを楽しみにしております!!

2016-04-14 | Posted in News|やらだ出版, ブログComments Closed 

 

【全席満員御礼】 出版記念公演 『やどかりの夢』 おんがく朗読劇 神奈川・東京での開催のお知らせ

【4/20追記 おかげさまで、すべての出版記念公演が全席満員になりました】

12814795_10205930444921619_6663353469753647629_n

出版記念公演 『やどかりの夢』 おんがく朗読劇
神奈川・東京での開催のお知らせ

沖縄から紅型絵本『やどかりの夢』の世界が
いよいよ神奈川、東京にやってきます!
4月23日【土】、4月24日【日】の
出版記念公演をどうぞ お見逃しなく。
原画展や紅型ワークショップも開催しますので、ぜひいらしてくださいね。

海に生きるやどかりたちの貝の中に広がる夢の世界
貝だと思って入ったお宿は・・・??
夢を失ったいっぴきのやどかりは 
もう一度夢を見れるのか!?

紅型の宝箱をあけたような絵本が動き出す 
夢のような1日がはじまります。
最後はみんなの夢がぷくぷく ふくらむハッピーなやどかり音頭を踊りましょう♪

沖縄三線、ウクレレ、歌におどりにお話に・・・盛りだくさんな1日をどうぞ!

○・*・☆・○・*・☆・○・*・☆・○・*
◎神奈川公演 【満席になりました】
日時 4月23日(土) 開演14:00~ 
(前)2,500  (当)3,000

場所
AsabaArtSquare 
(住所)神奈川県横浜市金沢区金沢205 (TEL)045-783-9705 
(HP)http:// kazukoasaba.org
(FB)Asaba Art Square
京急線「金沢文庫駅」下車 称名寺そば

出演:小谷野哲郎・Maiko Okuhira・halcony・アマムYUKI・かめがいあすか・わたなべなおか

お問い合わせ・お申込み
やらだ出版(渡邊)
お問い合わせフォームか、
Facebook [やらだ出版]ページ
からお願いいたします。

こちらも お見逃しなく!!!

◎4月20日(水)~23日(土)
紅型絵本「やどかりの夢」原画展開催

☆絵本・紅型作品の販売もあります

◎紅型ワークショップ 
参加費 2,000円
(別途1ドリンクご注文をお願いします)
① 4月21日 13:00~
② 4月22日 14:00~

お申し込み・お問合わせ
やらだ出版 090-2733-3062 
または 
AsabaArtSquare 045-783-9705 

◎東京公演
日時 4月24日(日) 
①13:00~ 【満席になりました】
②18:00~ 【満席になりました】
(前)2,500  (当)3,000

場所 アムリタ食堂 3F「Amata(アマタ)」
(住所)東京都武蔵野市吉祥寺本町2-17-12 (TEL)0422-23-1112
(HP)http:// cafeamurita.jp
(FB)アムリタ食堂
吉祥寺駅下車 

◯4月24日(日)~31日(日)
紅型絵本「やどかりの夢」原画展
1階アムリタ食堂内にて開催
絵本・紅型作品の販売もあります

お申込み・お問い合わせはこちらにお願いします
やらだ出版 渡邊直加
お問い合わせフォーム
090-2733-3062
info@yalada.jp

2016-03-06 | Posted in News|やらだ出版, ブログComments Closed 

 

○。〜無事に、絵本が誕生しました〜。○

絵本が、完成いたしました!!!!!涙

12814795_10205930444921619_6663353469753647629_n

昨日、無事に届き、
雨はまるで太古の水のようで
報告に行ったたけちゃんの丘では
あがった雨のあと
たくさんのひかりを浴びました。

12798851_10205930444721614_6982641054581598239_n

12814547_10205930444961620_6934221972220674501_n

風は沖縄にふたたび
わたしを運んでくれて
直感だけを信じて
たくさんの すてきないのちに出会い
歩んだ一年のとき。
それは ゆっくり カタチを成して
無事に生まれてきてくれました。涙

ほんとうにたくさんのおかげさまに
感謝でいっぱいです!!!
ほんとうに、ありがとうございます。


あなた〜やどかりだね〜!
やどかりのお話を書きなさい〜ね〜。

そんな 不思議なあの日からはじまった。
2015年3月7日。

ちいさな神様にであい、
やどかりの太古の水を思う旅がはじまりました。

ゆきさん。
わたしを工房アマムにいさせてくれて、
いつも おおきな 愛を ありがとうございます。
天からの曲をおろし、歌ってくれて、
ほんとうにありがとう。

halcony。
天の才の引き寄せ力。
たくさんのキラキラをくれて、みんなをハッピーにする音頭をほんとうにありがとう。

まやちゃん。
変わらない笑顔で
背中を押して、飛び立たせてくれて
いつもドンピシャなデザインで彩ってくれて
ほんとうにありがとう。

あすかちゃん。
あなたの紅型に恋をして、
いつの間にかあすかちゃんに恋をしました。
なんて 楽しい制作だったんだろう!!!
切ないような気持ちさえします。
ありがとうがつきないです。
ほんとうにありがとう。

すてきすぎるCDに仕上げてくれたヤンプさん。
ほんとうにありがとうございます。

そして、亀ちゃんをはじめとする亀谷ファミリーや支えてくれた家族に、心からありがとうございます。
そして、久高島で出会っやしがにや、やどかりたち、この星のうつくしいいのちに。
そして、目には見えなくても確かにいて、支えてくれているおおいなるものものへ。
ありがとうございます。
ここには書ききれないたくさんの方の、
出会い、支え、励まし、待ってるよ、の声に
この日を迎えることができました。

この場を借りて、
ほんとうにほんとうにありがとうございます。

そして、これから。
また、新しいステージへ向かいます。
夢のような沖縄公演がはじまります。

この絵本を影絵の世界にしてくれる、
世界のバリ舞踊家小谷野にいに、まいこちゃん、ゆきこさん、
ほんとうにうれしく、楽しみです。

この子を見ながら、改めて新しいはじまりに
ほんとうにわくわくしています。
そして、今までにないドキドキを感じています。

絵本のご予約も早くからいただき、ほんとうにありがとうございます!!!
準備が整い落ち着き次第、送らせていただきますので、お待ちください!
また、メッセージやコメントでもご注文を受付させていただきます!
お待ちしています!!!

これから随時、お店さんや、書店さんに並んでいきます。
ゆっくりですが、ホームページやここでご報告させていただきます。

ぜひ、みなさん、この絵本に出会って、
みなさんのもとに、連れて帰ってあげてください!!!
どうぞよろしくお願いいたします!

長い気持ち、読んでくださりありがとうございます。
こころから感謝をこめて。

やらだ出版 渡邊直加 拝

2016-03-06 | Posted in News|やらだ出版, ブログComments Closed 

 

八八八のなにか(0)

imgae150903-1

久しぶりに何も予定のない一日。外は静かな雨が降っていて、からだもこころも今日はすっかり内に向かっている。

過ぎ去ったひとつひとつの出来事や思いが浮かんでは消えたり、未消化なままそこにあったりする。
過去はすこし夢にも似ていると思う。

目にとまった数冊の本と、原稿用紙を持って、家を出、車を走らせた。空気の明るい長居できる喫茶店を探す。こういう日はなぜか、カフェより喫茶店の気分になる。

残念ながら思うような喫茶店に出逢えず、すっかり道にも迷ってきたときに、桜珈琲と大きな看板が見えたのでそこに入った。最後の信号待ちの時、またしても八の三並びナンバープレートと遭遇した。またしても、というのはこの頃よく見かけていて、その度におめでたいような気持ちになっていたのだ。

八八八かーと思ったら、今日はふと、八八八字あればどんなことが書けるのだろう、と思った。それは最近はまっている原稿用紙の影響かもしれないが、そんなことで何となく。「八八八字のなにか」を書いてみることにした。

もちろん書かなければならないことはない。そして、書きたいこともない。そうすると、どうしていいのかわからない。そこで、今まさに起こっていることを書いてみた。

そして思えば。毎日、何か書いている。日記だったり、手紙だったり、なにやかにやと。書くということはわたしにとっての日常で、好き嫌いの類のものではない。息をすることまでもいかないけれど、ご飯を食べたり、お風呂に入るそれくらいの感じかもしれないなぁ、と書きながら思う。そして、こんなことはどうでもいいな、と思っているわたしを発見し、どうでもいいことを、どうでもいいままに考えていられるって、とても豊かなことだなぁ、と思っているわたしも発見した。

そういうものの中にある何とも言い難い間とか空間に流れているものがどうでもよくていいですね。

明日、やめちゃうかもしれないけど、やらだ出版のブログにて「八八八のなにか」掲載してみます。

2015-09-03 | Posted in ブログComments Closed 

 

奈良新聞、掲載していただきました!

image150902

2015年9月1日。
奈良新聞、掲載していただきました。
こんなに大きくて、びっくり!しています。

image150902-2

大和と琉球を思うわたしにとって、奈良新聞に沖縄久高島やあすかちゃんの名前があることが、とっても意味深く、嬉しく感じます。

そして、出逢ってくれた、関わってくれた家族や皆さん、一緒に創り上げてくれたみんなに改めて、感謝しかなくて。
本当にありがとうございます。

ぼくはうま、も、これからはじまるヤドカリの絵本も。

これからもたくさんの土地や神様や人々に出会って、たくさんの夢や希望やミラクルを生み出しちゃうハッピーでマジカルな絵本でありますように☆

そう、心から祈り、
そして信じています。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

最後に、やらだ出版の産みの父。
精一杯生きて、そして死んで、その命のすべてでわたしに生きることをみせてくれた、お父さん。ほんとにありがとう。

なおはなおを生きているから。
もう、大丈夫やからね~!
いつまでも、大好き~♡(笑)

2015-09-02 | Posted in ブログComments Closed 

 

碧い夢の輝き

春の日の桃色の音符が似合うその人は今、美しい山に眠っている。

だからなのだろうか。
念願が叶いお参りできた今日は小春日和のようにあたたか一日が青空のように広がっていた。

image150113-1

海のものとも、山のものともわからないはじめて出逢うわたしたちの夢を無条件に愛し、ずっと応援してくれたジョイハウスのお母さん。

お母さんが娘さんとつなげてくれて大切な大好きなその人とドライブをして会いにいったんだ。

きらきらとひかるその人の思いはまた新たに芽をだした生まれたばかりの夢を見つけ、今日もまた柔らかにあたたかくわたしたちをつなげ、結んでくれた。

その夢のはじまりは
3月1日(日)にアサバアートスクエアで花ひらく。

「人生、変わるよ」と輝いて言葉にしてくれた太陽のいる場所。
はるの陽のさす美しい場所。
絵本「ぼくはうま」はすてきな人や場所や自然のおかげで、また今年もぐんぐん成長するんだ。

あぁ、そうか!
思い出した。
春の日のその人と最後に合唱で歌った歌。

ちいさいころは神様がいて
不思議に夢を叶えてくれた
優しい気持ちで 目覚めた朝は
大人になっても奇跡は起こるよ

いつもわたしたちの夢を応援してくれている。

わたしの夢が叶うことが
みんなの夢が叶うことにつながる
そんなしあわせな思いでいいよ、と

あまりに美しい富士山と
この星の美しいあおの碧さが
言ってくれた気持ちになった。

image150113-2

image150113-3

image150113-4

2015-01-13 | Posted in ブログComments Closed 

 

新春のお慶びを申し上げます

明けましておめでとうございます。
のんびりと新たな一年を迎えた2015年。
昨年は本当にたくさんの皆さんのおかげをいただいて、絵本を出版することが叶い、感謝の気持ちに溢れています。
本当にありがとうございます。

皆さんから寄せていただく感想を宝物に、
今年はまたたくさんの方に読んでいただけるよう歩んでいきたいと思います。

羊年にモコモコと膨らむ夢をまた
ひとつひとつカタチにしてゆきながら。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

image150104-1

渡邊直加

2015-01-06 | Posted in ブログComments Closed 

 

増刷に、感謝をこめて

国会図書館に無事に絵本を納め、
すてきなたくさんの方々に出会わせていただき、東京から戻りました。
image141213-1

選挙前の永田町はお巡りさんがいっぱいで張り詰めた空気です。
それでも、おひさまが銀杏を照らす美しさには何も変わりはありませんでした。
銀杏の写真を撮っていたら、すこし怪訝そうにお巡りさんがこちらを見られたので、とにかく微笑んでみました。(笑)
image141213-2

おひさまは銀杏もわたしもお巡りさんも、みんなを照らしてくれていました。
そのことが今、とても大切な気持ちと感じます。

そして、帰る途中にはからだが大浄化を起こしはじめ、東京、自宅間の記憶が朧げなほどでした。
が、一日でケロっと治りました。

だいすきな気持ちや
愛おしく思う気持ち以上に
わたしには大切に思えるものはなく
不器用だけど、たぶんこれからも
この気持ちに素直に生きていくんだ
って思います。

高倉健さんが天へと旅立たれ、
「不器用ですから」の言葉を引き継がせていただきたい、そんな気持ちの昼下がりです。
これは、なんの話しでしょうか。(笑)

そして、今日。
絵本CD「ぼくはうま」の増刷分が吉野へ届きました。
皆さんのおかげで、初版から2ヶ月たたずして、増刷をさせていただくことが叶いました。夢のようです。。
本当に心からありがとうございます。
image141213-3

わたし自身、この絵本ができてから何度となくこの絵本に気づかされることがあって、たくさんの勇気をもらっています。

こうすれば良かった~って気持ちは微塵も起こらず、時間がたてばたつほど、しみじみとすてきな絵本だ、と思い自画自賛できること以上にしあわせなことはありません。(笑)
能天気で、すみません。(笑)

だけれど。
それは、わたしがわたしらしくあれたということと、関わって下さった皆さんのまっすぐな優しさのおかげなんです、本当に。。
あーだ、こーだを繰り返し、それぞれにまっすぐな気持ちで制作できた喜びがつまっている、と感じています。

この世の中の中では、びっくりするくらいの弱小のやらだ出版が、次もまた増刷できるとは限りません!!
これは自慢ではありません!!(笑)

だからこそ、この今にこの絵本が届いてほしいと願っています。

あなたにとってこの絵本がどんな絵本になるかって、それはわたしにはわかりません。

ただ、ひとつ。

わたしにとってこの絵本がどんな絵本かと問われたら。

わたしがわたしであることがうれしくなる絵本です。
と自信を持ってお答えしたいと思います。

届けたいのはその気持ちなのかもしれません。

2014-12-13 | Posted in ブログComments Closed 

 

1 / 212