News|やらだ出版

「新春の風に寿ぐ ~笛と絵本とお話しと~」(2015年1月20日・伊勢市)

新春の風に寿ぐ
~笛と絵本とお話しと~

来たる1月20日(火)にご縁ある皆さんとときわ荘に集まり、新春を寿ぎ、ときわ荘へありがとうの気持ちと、祥平くんの新たな旅立ちを祝福したいな、と思いました。

それはきっと、わたしたちひとりひとりの新年の新たな旅立ちと、
きらきらとひかる、ひかりを内より深く感じることに繋がっているように感じたのです。

そんな時間を分かちあい、みんなの輪が広がれたらいいな~とこの会を企画しました。

この日は、新たな年のはじめての
新月の日でした☆
新年に信念を感じる新春を伊勢の地でお祝いしませんか。

ひとりひとりの内なる宇宙に誘ってくださる笛奏者雲龍さんの笛の響きにのって、
わたしがわたしであることがうれしくなる言の葉の世界に耳を傾け、
祥平くんのこの今のまっすぐな思いに触れながら、
皆さんのお気持ちを加えて下されば本当に嬉しいな~と思います。

ときわ荘や祥平くんがはじめての方にもぜひお越しいただき、たくさんの方と新春の新たなる風をご一緒できたら心から嬉しく思います。

日時 2015年1月20日(火)新月
   18時開場 18時半開演

場所 ときわ荘
   516-0041
   伊勢市常磐2-10-15

   最寄駅
   近鉄宮町駅徒歩7分
   JR山田上口駅徒歩8分
   いずれも伊勢市駅の一つ手前の駅です。

会費 2000円(お茶付)

参加の皆様へ
ときわ荘と祥平くんの新たな旅立ちを祝福と感謝をこめて、会費とは別にできましたらお気持ちを加えていただければありがたく思っております。
もしよろしければ、ご協力よろしくお願いいたします。

お申込み、お問合せ先
お問い合わせフォームからお願いいたします。

出演
笛奏者 雲龍
横笛をはじめ土笛、コアガラスの笛、息吹之笛、ネイティブアメリカンフルートなど様々な笛を演奏。
1997年より細野晴臣with環太平洋モンゴロイドユニットのメンバーとしての活動をはじめ、2007年公開龍村仁監督映画「地球交響曲第6番」虚空の音の章に出演。
Webサイト

お話し 松本祥平
人力車で日本一周をしたことで伊勢にご縁をいただき、人力車をひきながら神話の語りべとして活動するかたわら、ときわ荘という日本全国から面白い人がひっきりなしに訪れる築80年近いコミュニテイを運営している。
そのときわ荘が2月末をもって終焉の時を迎えると共に、”伊勢の神話がたり”から、”宇宙(そら)のかたりべ”としてバージョンアップしてより本質のメッセージを発信していく予定。
これまでのご案内の経験をまとめた小冊子『伊勢の神話がたり』も大好評で拡散中☆

お話し 渡邊直加
2010年、夢に見たままのオーストラリア先住民アボリジニの森と出逢い、物語を創作。同年、奈良県吉野の保久良古墳を舞台にした1300年前に生きた建皇子の物語「かぜの子たけちゃん」を創作。2014年10月、沖縄の神様の島〈久高島〉で収録した絵本CD「ぼくはうま」を出版。
やらだ出版を主催し、全国で語りの活動を行う。
http://yalada.jp

2015-01-06 | Posted in News|やらだ出版Comments Closed